真木よう子「ギリギリまで攻めました」

2018.6.7 22:00

三姉妹を演じた桜庭ななみ、真木よう子、井上真央(左から、7日・大阪市内)

(写真4枚)

数々の演劇賞を受賞する劇作家・鄭義信が、自身が演出した舞台を映画化した『焼肉ドラゴン』。その先行試写会が7日、大阪市内でおこなわれ、3姉妹を演じた真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、鄭監督が登場した。

本作は、万国博覧会が催された昭和45年が舞台。大阪の一角で焼肉店「焼肉ドラゴン」を営み、時代の波に翻弄されながらも、強く逞しく生きる家族を描いている。真木が演じたのは焼肉店の長女・静花役で、店のマドンナ的存在。当然セリフは関西弁だ。

千葉出身の真木は、「私、関西出身の友だちがたくさんいるので、『できるだろう』と思って現場に入ったんですね。けど、友だち全員もれなく兵庫(出身)で、映画はもろに大阪弁だから、微妙にイントネーションに違いがあって。それでも、できるというプライドもあって、方言指導の先生とはよくバチバチやり合ってました」と、関西弁にかなり苦労した様子。

「三姉妹でケンカしたら?」という質問には「全部許しちゃう、かわいいから」と真木よう子(中央、7日・大阪市内)

この日、司会をつとめたカンテレの豊田康雄アナウンサーから、「足を洗うシーンがありましが、どんな気持ちで挑みましたか?」という珍質問が飛び出したが、「どういう気持ちで足を?わりとギリギリまで攻めました、スカートを。R18にならないように。それ、ぐらいですかね」とサラリと切り返した真木。映画は6月22日から公開される。

映画『焼肉ドラゴン』

2018年6月22日(金)公開
監督:鄭義信
出演:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、ほか
配給:KADOKAWA/ファントム・フィルム

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本