JRの新ホテル、京都の新駅近くに誕生
2018.5.30 8:00

JR西日本グループによる、宿泊施設の新ブランド「Potel(ポテル)」が、2020年春に京都で誕生。現代的でカジュアルな空間・サービス、地域・文化交流を体感できるスペースを目指すとのこと。

京都梅小路社宅跡地、京都水族館の隣に位置する
京都梅小路社宅跡地、京都水族館の隣に位置する画像一覧

物資や文化の出入り口を語源とするポートとホテルによる造語「ポテル」。ご縁がつながっていく場所という意味を込めて、ホに縁=円を表現する「゜」を加え、また音の響き通り「ポーっ」と過ごせる場所でもあってほしいという思いもあるのだとか。

ブランド第1号となる「Umekoji Potel Kyoto(梅小路ポテル京都)」は京都梅小路社宅跡地にて現在建設中。JR嵯峨野線の京都駅と丹波口駅の間に位置する新駅近くとなり、「京都水族館」「京都鉄道博物館」も徒歩数分の位置に。観光やレジャー利用を見込み、基本的には2名以上の広めの客室と、出会いの場でもあるように充実した共有スペースを備える。

『絹』の部屋のイメージ図
『絹』の部屋のイメージ図画像一覧

通常の客室だけでなく、京都を体感できるように丹後ちりめんの職人たちの技術を駆使した『絹』のお部屋など、伝統産業を取り入れたしつらえも予定。ほかにも、地域の魅力を感じられる空間造りやイベントを企画していくそう。

「Umekoji Potel KYOTO」

2020年春オープン予定
住所:京都市下京区歓観喜寺町15

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ