歴史残る名作、本場コーラスライン来日
2018.5.26 7:00

ブロードウェイミュージカルの名作『コーラスライン』のリバイバル版が今夏、再来日。テレビCMなどでもおなじみの名曲『ONE』や、豪華なダンス、舞台にすべてをかけるダンサーたちの物語が堪能できる。

ゴールドのシルクハットと衣装を身に着けてラインダンスする『コーラスライン』のワンシーンより
ゴールドのシルクハットと衣装を身に着けてラインダンスする『コーラスライン』のワンシーンより画像一覧

ダンサー・振付家として活躍していたマイケル・ベネットが、俳優に比べてスポットライトを浴びることのなかったダンサーを集めてインタビュー形式のワークショップを実施。ダンサーたちが赤裸々に語った様々な体験談を元に1975年、オフ・ブロードウェイで同作は誕生した。

舞台は、新作ミュージカルのために世界中からダンサーが集まったニューヨークのオーディション会場。わずか8人の枠をかけ、熾烈な闘いが繰り広げられる。演出家の指示のもと、ダンサーたちがそれぞれの半生や思春期、性、ダンスへの思いなどを語り、歌とダンスを披露。ワークショップを元に作られているだけにセリフはリアルで、ダンサーが次々と落とされていくオーディション形式の演出も、その場にいるかのようにスリリングだ。

ブロードウェイでは大ヒットを記録し、1985年には映画化。2006年には、初演版を忠実に再現したリバイバル版がブロードウェイで復活した。キャスト全員がゴールドのシルクハットと衣装を身に着け、代表曲『ONE』でラインダンスする姿は、ブロードウェイ史上に残る名シーンの1つ。結果はどうであれ、これがあるから「夢を追うことはやめられない」と納得させられ、観劇後はすべての人が浄化されるはずだ。

8月15日から東京・横浜・静岡を巡回し、大阪公演は8月31日から9月2日まで「オリックス劇場」(大阪市西区)にて。英語上演で日本語字幕付き。チケットはS席12000円ほか、5月27日に発売される。

文/米満ゆうこ

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』

日程:2018年8月31日(金)〜9月2日(日)
会場:オリックス劇場
料金:S席12000円、A席8000円、B席6000円
電話:0570-200-888
チケットは2018年5月27日(日)発売
URL:http://www.acl2018.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ