伊藤久右衛門で季節限定・紫陽花パフェ

2018.5.17 14:00

5月18日より伊藤久右衛門本店・茶房でスタートする『紫陽花フェア』

(写真2枚)

江戸後期創業の老舗「伊藤久右衛門」(本社:京都府宇治市)は、5月18日より本店の茶房にて『紫陽花フェア』をスタート。SNSでも話題となった色鮮やかな期間限定のパフェなどが登場する。

もじみパフェやさくらパフェ、いちご抹茶パフェなど、季節限定のスイーツが人気の同店茶房。近くには、多くの観光客で賑わう紫陽花の名所「三室戸寺」(京都府宇治市)があり、この季節には紫陽花をモチーフにしたパフェが登場。今年も期間限定で発売されることとなった。

爽やかなレモンゼリーをあしらった新作の「紫陽花パンナコッタ」

インスタ映えする鮮やかな抹茶のきんとんと、抹茶クッキーやブルーベリーなど雨露に濡れる紫陽花をイメージした「紫陽花パフェ」(1180円/イートインのみ)のほか、今年は爽やかなレモンゼリーをあしらった新作の「紫陽花パンナコッタ」(540円/テイクアウトのみ)も登場。期間は7月上旬まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本