高畑充希、草刈正雄との共演「私の財産」

2018.5.7 05:00

スペシャルドラマ 『68歳の新入社員』で初共演を果たした高畑充希(右)と草刈正雄

(写真2枚)

高畑充希と草刈正雄がダブル主演する2時間スペシャルドラマ 『68歳の新入社員』(カンテレ・フジテレビ系)の放送が今夏決定。高畑と草刈は、今作が初共演となる。

同ドラマの脚本を手掛けるのは、『ビーチボーイズ』『ひよっこ』などで知られる岡田惠和。老舗和菓子会社の新規事業開発を引っ張るOL・工藤繭子(高畑)は、最初に手掛けたキャラクターグッズがヒットし、次の商品にかかる周囲からの期待に、日々プレッシャーにさいなまれていた。そんなある日、40歳も年上の部下(草刈)を抱えることになる・・・という物語だ。

高畑は「撮影期間は10日間程でしたが、夢のような時間でした。草刈さんとの掛け合いも、私にとって満たされ過ぎて怖いくらいの瞬間が何度もありました。もうずっとやっていたいなぁ、と、ホワホワした気持ちでした。あの時間は、私にとっての財産です」とコメント。

スマホも持たない40歳年上の部下に、繭子(高畑)は途方に暮れる

一方、草刈も「ホントに素敵な本(脚本)だったので、これをやれるのは役者冥利につきると思いました。高畑さんは前から気になっていた女優さんだったので、共演できてうれしかったです。無理なく素直に役に入れました。本が良いということです。このドラマは、これからの時代のテーマではないでしょうか?」と、高畑との共演を楽しんだ様子だった。同ドラマは今夏、放送予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本