新進女優・阿部純子「映画作りを覆された」
2018.5.6 6:00

新進女優・阿部純子「映画作りを覆された」

「映画作りというものを、全部覆された」(阿部純子)

──役所さんに関しては、その圧倒的な演技力からいろんな監督が「怪物だ」っておっしゃるんですけども、そういった部分は感じられました?

どう言葉にしていいか分からないんですけど、一緒にお芝居させていただいて、自分のなかで「作品作りというのは、こういうことなのかもしれない」って思う瞬間もありましたが、今のところは全然わからないです。ただ、役所さんに圧倒されないように一生懸命でした。「あぁ、役所さんだ・・・」ってならないように(笑)。でも、私のこともすごくやさしく見守ってくださいました。

──憧れの白石監督からはどんな演出がありましたか?

白石監督には、最初に「このキャラクターは役作りした方がいいですよね?」って聞いてたんです。脚本を読んでると、桃子という人物がよくわからなくて。

──観てる方も最初から最後まで分かりませんからね、桃子に関しては。

なので、監督に「桃子はどんなイメージなんですか?」ってうかがったんですけど、「阿部さんは、なにも考えないでいてください」って言われて。私にとっては、「あ、そ、そうなんですね」っていう(笑)。

──さらに分からなくなるという(笑)。

そうなんです。とりあえず、呉弁の練習のためにCDを聞き込んでたんですけど、それも「聞き込みすぎないでください」とも言われましたし。「桃子じゃなくなるんで、そのままでいてください」とも言われました。でも、やっぱり不安だったので、『仁義なき戦い』を観たり、女性ってなんだろうって考えたりとかしました。

──キャラクターに引っ張られすぎないように、という配慮なんでしょうか。

そうなんでしょうか。白石監督には、とにかく「考えないように、考えないように」と言われてました。ただ、桃子というのは、大上(役所)に痛めつけられる日岡(松坂)を癒やすという役どころだったので、自分のなかでは、作品に合わせるんじゃなくて、マイワールドに松坂さんを引き込むような感じでした。それがちょっと楽しかったです(笑)。

──そのあたりは監督の演出でしょうね。

だと思います。だからホントに考えないように、考えないように。ここであれなんですけど、河瀬組とはまったくの真逆のやり方で。だから、私としては、「え!?」「いいのかな?」の連続でした。

アルバイト薬剤師・桃子(阿部純子)と日岡秀一巡査(松坂桃李) © 2018「孤狼の血」製作委員会画像一覧

──白石監督を信じるしかないような。

ホント、そうでした。それと、現場の方々がすごく遊び心をもっていらっしゃて、私ももちろん、この作品をもっと良くするために頑張ろうと思ってたんですけど、実際に現場に行くと、「映画作りってなんて面白いんだ!」という感じで。私の考えている映画作りというものを、全部覆されたというか。すごく楽しくて、愛情深い白石組でした。

──阿部さんが今まで思っていた映画作りとは?

以前は、もっと作り込まないといけないし、監督のおっしゃってることを全部聞いて、咀嚼して吐き出さないといけないと思っていたので、ある意味で、すごく尊重してくださるんですよね、私自身の考えを。

──白石監督が?

そうです。その物語に出てくる登場人物の人生を私が借りてやるうえで、自分を削ぐ行為というのが伴うと思うんですけども、白石監督はまず私の考えることを聞いてくださって、「そのままでいてください」とおっしゃってくださって。今までの映画作りは、役のためなら、物語を生きるためなら、なんでもしてくださいという感じだったので・・・。説明するのが難しいですね(苦笑)。

──この『孤狼の血』では、かつての『仁義なき戦い』のように、映画館を出て肩で風を切って歩きたくなったり、劇中の登場人物になりきってしまうような、まさに東映映画の復活をかけた作品です。白石監督は、コンプライアンスが厳しい現代において、そこに果敢に挑んでいます。

まさにそうですね。

──さきほど、『仁義なき戦い』を観て勉強されたと言われてましたが、どうでしたか?平成生まれの女性としては。

すっごく面白かったです! みなさんすごい生き生きしていて、生きる欲が漲っているというか。男の方の目つきがギラギラしていて、かっこいい映画だなって。

──阿部さん自身は、いわゆる「ゆとり」とか「さとり」とか言われる世代ですが、そういう世代からしても、あの時代の男たちの生き様はかっこいいんですか?

もう、かっこ良かったです。いざというときに全力で守ってくれる男たちが、この『孤狼の血』でも出てると思うんですけど、なんていうか、生きる流儀があるというか。私は女性ですけど、ちょっと憧れる部分がありました。

──憧れますか?

私もこんなにかっこ良く、強く、それでいて、しなやかに生きられたらいいなって。「クラブ梨子」のママを演じられた真木よう子さんもすごく素敵だったので、こんな風にかっこ良く生きられたらいいなって。

「かっこ良く、強く、しなやかに生きられたらいいな」と語った阿部純子画像一覧

──男に生まれたかったというところまでは・・・。

私は女性の甘いところも好きなので(笑)、女性として生きるのはすごい楽しいですけど、媚びない生き様というのは憧れます。

──今回、白石組の映画作りに参加したことによって、自分自身が変わった部分はありますか?

映画作りに対して、ただ真正面で取り組めばいいってわけじゃないんだな、と。こっちからも見えるし、そっちからも見えるし、もしかしたらあっちかもしれない。そんな風に、現場のみなさんがアプローチされているのを見て、私も自分自身の引き出しをもっと増やしたいと思いました。

──阿部さんの勘の良さ、ポテンシャルの高さはスクリーンにしっかり映し出されていましたし、今後の活動も非常に楽しみにしてます。大阪出身ですし、Lmaga.jpではずっと応援していきます。

ありがとうございます! エルマガ、よく見てました。エルマガとか言っちゃった(笑)。

1 2

映画『孤狼の血』

2018年5月12日(土)公開
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、中村獅童、竹野内豊、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介
配給:東映 R15+
URL:http://www.korou.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ