新婚の吉田裕が緊急手術、復帰は未定
2018.4.12 20:00

吉本新喜劇の乳首ドリル・吉田裕(ゆたか)が、肝膿瘍(かんのうよう)のため11日に手術をおこなったことを発表。12日、無事に手術を終えたことを報告した。

3月に初めて2ショットを披露した吉田と前田
今年、初めて2ショットを披露した際の吉田裕と前田真希(2018年3月12日撮影)画像一覧

同じ吉本新喜劇の前田真希と今年1月に入籍したばかりの吉田。数日前より肝臓付近の痛みを訴えており、10日に大阪市内の病院で精密検査を受けた結果、肝臓に膿がたまって炎症を起こす「肝膿瘍」と診断されて急遽入院になったという。

手術は無事に終えたものの、引きつづき入院して治療を続け、約1カ月後の退院を予定。夏には挙式を控えているが、当面の仕事および復帰時期に関しては医師の判断に従い調整するとのこと。

吉田は、「いろいろとご迷惑をおかけしましてすみませんでした! まさか自分が入院するような病気になるとは思いませんでした。みなさんも体に違和感があったらすぐに検査に行ってください。舞台復帰はいつになるかまだわからないですが、必ず元気な姿をお見せします! その日まで皆さん、待ってくれんのか~い!!」と事務所を通じてコメントした。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ