紙の「竹尾」が淀屋橋に、活版工房も併設
2018.4.7 9:00

1899年創業の紙の専門商社・竹尾のショールーム兼ショップ「竹尾 淀屋橋見本帖」が4月7日、商業施設「淀屋橋odona」(大阪市中央区)にオープン。4600種以上の紙が並ぶショップや、活版印刷の工房が店内に併設される。

店内の壁面スペースでは、紙を使った企画展示がおこなわれる。現在は淀屋橋にまつわる色テーマで展示(大阪市中央公会堂、川、桜、いちょうなど)
店内の壁面スペースでは、紙を使った企画展示がおこなわれる。現在は淀屋橋にまつわる色テーマで展示(大阪市中央公会堂、川、桜、いちょうなど)画像一覧

この度、東大阪市の「竹尾 大阪支店」内にて営業していたショールームが移転。デザインに関わる職種の人やそれを目指す学生だけでなく、名刺やウェディングツール、DMなどにこだわりたい人、紙好きの人など、誰でも気軽に立ち寄れるよう、紙のエキスパートであるスタッフが常駐し、相談に乗ってくれる。閲覧スペースでは、ミニサンプルはもちろん、色や厚み別に分類したコーナーなど、約4600種もある紙のなかからお好みで選びやすい空間に(全判4切サイズで1銘柄3枚まで購入可)。

色や厚み別に分類されており、「この色がいいけどほかの紙が良い」などの悩みに対応しやすい
色や厚み別に分類されており、「この色がいいけどほかの紙が良い」などの悩みに対応画像一覧

「東大阪の支店はなかなか行きづらい場所だったので、大阪市内に作りたいと長年構想しておりました。インターネットやSNS隆盛の今だからこそ、紙によって生まれるモノとコト、人と人とが繋がる場にして、紙の良さを伝えていきたい。早くて安いという価値はここでは提供できませんが、紙質にこだわったり、手間をかける愉しさを感じていただければ」と、竹尾有一大阪支店長。

また店内には、京都に店舗を構える活版印刷専門店「CAPPAN STUDIO」の工房を併設。ドイツの老舗印刷機メーカー・ハイデルベルグ社の活版印刷機が設置され、今後は名刺やカード、封筒の名入れ受注などをおこなうという。さまざまな紙を使ったノートや封筒などオリジナルのグッズも多数販売される。営業時間は11時〜20時。

店の真ん中には、ハイデルベルグ社の活版印刷機が設置されている
店の真ん中には、ハイデルベルグ社の活版印刷機が設置されている画像一覧

「竹尾 淀屋橋見本帖」

2018年4月7日(土)オープン
住所:大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋odona 1F
営業:11:00〜20:00
電話:06-6232-2240
URL:http://www.takeo.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ