スイスのバッグブランド、関西に初出店

2018.4.3 12:00

日本で3店舗目となる直営店。すべてのバッグが異なるので、好みのデザインを探し出すのも楽しみの一つ。photo DAICI ANO

(写真4枚)

スイスのチューリッヒで誕生したバッグブランド「FREITAG(フライターグ)」が、関西初の直営店を心斎橋に3月31日にオープン。前日におこなわれたレセプションでは、デザイナーのダニエル・フライターグが来日し、400人ものファンが駆けつけた。

ダニエルとマーカス兄弟が、廃棄寸前のトラックの幌を再利用して作ったバッグが有名な同ブランド。カットする部分によって世界に一つだけのデザインになること、また汚れた幌を洗浄するために雨水を地下に引いて貯めていたり資源の循環などの考え方に共感し、バッグを収集するコレクターが多いことでも知られている。

ダニエルと、オープン前から待ち望んでいたファン。「大阪の人はとっても社交的で、とっつきやすかった! 歓迎されてることが伝わってうれしかったよ」
ダニエルと、オープン前から待ち望んでいたファン。「大阪の人はとっても社交的で、とっつきやすかった! 歓迎されてることが伝わってうれしかったよ」

今回、大阪でオープンした理由について、ダニエルは「日本ではとってもコアなファンが多く、東京の次の場所と考えたときに、自転車に乗る人が多いというのが1つの理由に。新鮮な街で若い人が多く、伝統的すぎない。大阪のライフスタイルとブランドイメージがすごくマッチしている」と説明。

トラフ建築設計事務所が設計に協力。photo DAICI ANO

同店舗は、世界中の直営店で一番面積が狭い65平方メートルとなるが、実は1200点以上もの商品が収納され世界最大の品揃えに。「イメージのヒントとなったのはキオスク。小さなスペースに商品がぎっちりひしめき合っている様が面白いと思っているよ」と語った。ショルダーバッグ13500円をはじめ、メッセンジャーバッグ、ショッパーバッグなどがそろい、営業は午前11時から夜8時まで、年中無休となる。

写真/Daici Ano

「FREITAG STORE OSAKA(フライターグ ストア 大阪)」

2018年3月31日(土)オープン
住所:大阪市中央区南船場4-6-10
営業:11:00〜20:00・無休
電話:06-6210-5896

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本