万博で、もっと「太陽の塔」を知る展覧会
2018.3.23 7:00

3月19日から一般公開が始まった「太陽の塔」。この「太陽の塔」再生のストーリーをもっと深く知ることができる展覧会が、「EXPO70パビリオン」で3月24日からおこなわれる。

「日本万国博覧会お祭り広場施設群建築工事施設記録写真集」より-株式会社大林組・株式会社竹中工務店・株式会社藤田組- 大阪府日本万国博覧会記念公園事務所蔵画像一覧

岡本太郎のカリスマ性とともに大阪万博のアイコンとなった裏には、日本の高度な建築技術と人々の思いがある。太陽の塔は、1975年に永久保存が決定された。しかし、人々の思いだけでは建造物を維持することはできない。老朽化を防ぐことはできず、維持管理には莫大な費用がかかる。1992年から1993年にかけての大規模な改修工事、そして2016年10月より耐震工事がおこなわれ、ようやく一般公開が始まった。

「日本万国博覧会お祭り広場施設群建築工事施設記録写真集」より-株式会社大林組・株式会社竹中工務店・株式会社藤田組- 大阪府日本万国博覧会記念公園事務所蔵画像一覧

本展では、内部公開に至った「太陽の塔」再生の目撃者として、再生に至る関係者のインタビューが記録、上映される。また「太陽の塔」本来の目的や再生までの道のり、太陽の塔の年表や、70年万博テーマ館の遺物もあわせて展示される。2025年の万博誘致を目指す今は、「太陽の塔」の歴史を振り返り、未来を見据えて迎えるべく万博とは何かを考える、絶好の機会といえるだろう。料金は一般400円、期間は7月3日まで。

『The Legacy of EXPO’70 Ⅱ リバース-太陽の塔再生』

期間:2018年3月24日(土)〜7月3日(火)※水曜休(4/1〜5/6は無休)
時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会場:EXPO’70パビリオン(大阪府吹田市千里万博公園1-1 万博記念公園 自然文化園内)
料金:一般400円、中学生以下無料(別途自然文化園入園料が必要)
URL:http://www.bmkkc.or.jp/expo70pavilion/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ