太陽の塔、復元された内部を公開

2018.3.18 15:00
  • 1970年に誕生した「太陽の塔」。高さは約70m、腕の長さ(片腕)20mもあり、「万博記念公園」のシンボル
  • 「生命の樹」には約2億5000年前から生息したといわれるウミユリから、恐竜、マンモス、チンパンジー、クロマニヨン人まで
  • 上から下を眺めても圧巻、階段を上って、踊り場で観賞を
  • プロジェクションマッピング中の「地底の太陽」
  • どのフィギュアも美しく、1体だけ当時の状態のままのものにもハッとさせられる
  • エントランスは、「太陽の塔」の裏側から下へ
  • 1970年に誕生した「太陽の塔」。高さは約70m、腕の長さ(片腕)20mもあり、「万博記念公園」のシンボル
  • 「生命の樹」には約2億5000年前から生息したといわれるウミユリから、恐竜、マンモス、チンパンジー、クロマニヨン人まで
  • 上から下を眺めても圧巻、階段を上って、踊り場で観賞を
  • プロジェクションマッピング中の「地底の太陽」
  • どのフィギュアも美しく、1体だけ当時の状態のままのものにもハッとさせられる
  • エントランスは、「太陽の塔」の裏側から下へ
(写真6枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本