ムロツヨシ「人生で一番悲劇の日だった」

2018.3.16 17:00

左から、阿川佐和子、ムロツヨシ

(写真2枚)

エッセイストの阿川佐和子が、その話術によりゲストとのおしゃべりで、その人の新たな一面を見いだすトーク番組『サワコの朝』(毎日放送)。3月17日の放送回では、人気俳優のムロツヨシが登場する。

個性派俳優として人気のムロが、役者の道を歩み始めたのは19歳の時。いわゆる「いい仕事」に就くために理系の有名大学に入学したものの、「自分のやりたいこと」を持っている周りの人たちに刺激され、自分の将来を考えるようになったという。

長い間、役者として「売れなかった」が、あることがきっかけで自分を積極的に「売り込む」ようになったというムロツヨシ

その後、舞台をみたことがきっかけで俳優を目指すことを決意、大学をわずか3週間で中退した。最初は、魚市場で朝4時からのアルバイトをしながら、どうやったら俳優になれるのか試行錯誤の日々だったという。そんな駆け出しの頃、思い切って自分で台本を書き、自分で劇場を借りて独り舞台に挑んだという驚きのエピソードも披露。「人生で一番悲劇の日だった」と語るそのウラ話にサワコも思わず爆笑。ムロ自身の恥ずかしい思い出をテレビで初めて話す。この模様は、3月17日・朝7時30分より放送される。

毎日放送『サワコの朝』

放送:2018年3月17日(土)・7:30〜8:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本