ブルーボトルコーヒー関西初出店、京都に

2018.3.5 19:00

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」のイメージ画像

(写真2枚)

コーヒー豆の調達から焙煎までこだわる人気コーヒー専門店「ブルーボトルコーヒー」が関西初出店。観光スポットとしても人気の南禅寺エリアに3月23日、「京都カフェ」(京都市左京区)がオープンする。

【2018/3/23記事更新】京都らしさを生かした空間となってオープン

アメリカ生まれの「ブルーボトルコーヒー」は、自社の焙煎所を持って豆本来の持ち味を引き出すことを追求する「サードウェイブ」(コーヒーブームの第3の潮流)と言われるコーヒームーブメントの旗手。2015年に日本初上陸した際には、待ち時間が3時間になるほど話題になった(スタバなどのシアトル系コーヒーがセカンドウェーブと呼ばれる)。

サードウェーブコーヒーの代表格と言われる「ブルーボトルコーヒー」

国内8店舗目となる「京都カフェ」は、築100年を超える京町家をリノベーション。「コーヒーの楽しさをもっと身近に」をテーマに、オリジナルアイテムを展示販売する「ショップスペース」、お好みのコーヒーが見つかる「カッピングスペース」、テラス席のある「中庭」、「カフェスペース」と4つの空間でくろげる。京町家の風情を残しつつ、そこに新たな価値を加えて、「ブルーボトルコーヒー」特有の様式美や空間美を表現するという。

文/太田浩子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本