こま、おはじきなど、昔の遊びを親子で

2018.2.27 16:00

過去に開催された時の様子。おもちゃ作りに夢中になる子どもたち

(写真2枚)

「伊丹市立博物館」(兵庫県伊丹市)で開催中の『むかしのくらし』展。昭和40年代までの人々のくらしや、電化製品のない時代に身近にあったなつかしい道具などを紹介、展示している(入館無料)。

この展覧会に関連して、イベント『あ・そ・ぼ♪「むかしのあそび」』が同館で、展覧会最終日の3月4日におこなわれる。べったん、おてだま、こま、おはじきなど、昔懐かしい遊びや、割り箸や牛乳パックなどで簡単にできるおもちゃ作りを同館のボランティア会員がレクチャー。毎年1000人近くの親子でにぎわう人気企画だ。

こまで対決! 親子で楽しく遊べる

親子や友達と一緒に「どんぐりごま」や「わりばしでっぽう」を作ったり、羽根つきやおはじきで遊んだりなど、たくさんの昔の遊びを博物館内外で楽しめる。参加は無料。作ったおもちゃは先着順で持って帰ることができる。時間は午後1時から4時。

『あ・そ・ぼ♪「むかしのあそび」』

日時:2018年3月4日(日)・13:00〜16:00
会場:伊丹市立博物館(兵庫県伊丹市千僧1-1-1)
料金:無料(申込不要、直接会場へ)
電話:072-783-0582

『むかしのくらし』
期間:2018年1月6日(土)〜3月4日(日)
時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金:無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本