百田夏菜子「プレッシャーを感じる幸せ」

2018.2.26 21:00

映画『ブラックパンサー』の舞台挨拶に登場した百田夏菜子(26日・大阪市内)

(写真4枚)

マーベル・スタジオの最新作『ブラックパンサー』の先行試写会が26日、大阪市内の映画館でおこなわれ、同作の吹き替え版で声優をつとめたももいろクローバーZの百田夏菜子が登壇。舞台挨拶をおこなった。

百田がハリウッド映画の声優に初挑戦したのは、主人公であるティ・チャラ国王の妹で、天才科学者のシュリ。「心の底から出る本当にうれしい気持ちと、ものすごいプレッシャー、どっちもありました。でも、こういうプレッシャーを感じられる幸せというのもあるので、それをうまく楽しみながらやろうと思いました」と語った百田。

「自分が出てくるまで(出演してることを)忘れるくらい」夢中で鑑賞したという百田夏菜子(26日・大阪市内)

マーベルコミック初の黒人ヒーローとなる同作は、2月16日に全米公開されるや、4日間で興収2億ドル(約213億円)を超えるメガヒットを記録。すでに社会現象となっており、百田も「私がなにか言ってる場合じゃないくらい(笑)、ホントに作品自体が面白くて。自分が声を当てさせていただいているのを、自分が出てくるまで忘れるくらい、ホントにステキな映画です」と絶賛。日本では3月1日に公開される。

映画『ブラックパンサー』

2018年3月1日(木)公開
監督:ライアン・クーグラー
出演:チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本