坂口健太郎、骨太刑事役でドラマ初主演
2018.2.20 6:00

人気俳優・坂口健太郎が、4月スタートの連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ・フジテレビ系)でドラマ初主演を果たす。

テレビドラマ初主演を果たす俳優・坂口健太郎画像一覧

原作は、韓国のゴールデン・グローブ賞と言われる『第52回百想芸術大賞』などを受賞したヒューマンサスペンスの傑作ドラマ『シグナル』(脚本を手掛けたキム・ウニは、『冬のソナタ』で一躍脚光を集め、現在は社会派サスペンスの名手と呼ばれる存在)。現在と過去の刑事が1台の無線機でつながり、互いに協力しながら未解決事件を解き明かしていく、ファンタジックな設定ながら緻密な構成で話題となった作品だ。

坂口が演じる主人公は、過去に深い傷を負った刑事・三枝健人。「暗い過去もあるため、精神的に削られる役ではありますが、この作品、この役に挑戦してみたいと思いました」と語り、「さまざまな事件が起きて、その『過去』を変えることで別の『現在』があったり、伏線があったりとすごく面白い。スリリングな展開やスピード感、健人の心の奥底に抱えている何かを一緒に感じていただければ」とコメント。同ドラマは、4月期・毎週火曜夜9時から放送予定(全国ネット)。

カンテレドラマ

URL:https://www.ktv.jp/cat_drama/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ