龍 真咲、初の女役は宝塚で憎かった役
2018.2.18 7:00

宝塚歌劇団退団後、ライブ活動を中心に活動していた龍 真咲。そんな彼女が『1789 —バスティーユの恋人たち—』で、退団後初のミュージカルに出演、しかも初の女性役をつとめる。

退団後初のミュージカル、しかも初の女性役をつとめる龍真咲
退団後初のミュージカル、しかも初の女性役をつとめる龍真咲画像一覧

フランス革命時のパリを舞台に、さまざまな階級の人々の運命を描いた本作。宝塚時代は革命に身を投じる主人公・ロナンを演じた龍だが、今回は彼とは敵対関係にあたるフランス女王、マリー・アントワネットを演じる。「ロナンを演じた時は、アントワネットが憎くて仕方がなくて。だからこのオファーをいただいた時はうれしさもありましたが、『できるかな?』と思いました」

ベルサイユ宮殿も訪れたという龍。実際に女王が使った部屋や、彼女が愛した別邸「プチ・トリアノン」を見学したことで、アントワネットの心境が少し見えてきたという。

「寝室のデザインは温かいはずなのに、それが逆に痛切だったり、残酷なものであるように見えたのが興味深くて。プチ・トリアノンも、もう1つ自分の館を持つほど追いつめられていたのか、それともただ自由奔放だったのかと、いろいろ考えましたね。想像だけではわからないところにも触れることができたので、感覚的に上手く(役に)いれられたらと思います」

女優として大きな一歩を踏み出す龍真咲が演じるのは、「悲劇の女性」の象徴とも言えるマリー・アントワネット
女優として大きな一歩を踏み出す龍 真咲が演じるのは、「悲劇の女性」の象徴とも言えるマリー・アントワネット画像一覧

本作については「どの役に感情移入するかによって、物語の見え方が大きく変化するのが1つの魅力。いろんな役に興味を持っていただければ」と語った龍。大阪公演は、6月2日~25日に「新歌舞伎座」(大阪市天王寺区)にて。なお、龍は凰稀かなめとのWキャスト、スケジュールは公式サイトで要確認。

取材・文・写真/吉永美和子

ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』

日程:2018年6月2日(土)〜25日(月)
会場:新歌舞伎座(大阪市天王寺区上本町6-5-13)
料金:S席13500円、A席8000円(全席指定)
電話:06-6377-3800
URL:http://www.umegei.com/1789/2018/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ