関空〜フィリピン、新路線で初の直行便

2018.1.30 06:00

「関西国際空港」から「クラーク国際空港」への初の直行便を就航するジェットスターの機体

(写真2枚)

ジェットスター・アジア航空(本社:シンガポール)が、「関西国際空港」(大阪府泉佐野市)と「クラーク国際空港」(フィリピン・パンパンガ州)の新規路線を3月27日から就航。日本と同空港を結ぶ初の直行便となる。

現在は、クラーク国際空港は、首都マニラの北西にあり、ルソン島中部に位置。双方からのビジネスでの出張、観光、そして、最近増えているフィリピンでの英語留学の利用を見込む。

ジェットスターグループで運航する大阪〜フィリピン線は週10便(往復)となる
ジェットスターグループで運航する大阪〜フィリピン線は週10便(往復)となる

同社CEOのバラタン・パスパティさんは「クラークは、 シンガポールおよび日本からフィリピンへの第2の就航地となります。フィリピンから大阪への移動の選択肢だけでなく、 シンガポールからクラークを経由しての大阪行きという選択肢が加わります」と、コメントし、シンガポールへの観光客に対してもアピールした。

運行は週3便で約4時間半、エアバスA320型機で180席、料金は片道5960円からとなる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本