金箔を着た鯛、春節用に大阪のホテルで

2018.1.22 18:00

「金の祝い鯛 水餃子添え」のイメージビジュアル

(写真1枚)

中国最大のイベント『春節』が2月16日に迫るなか、「大阪新阪急ホテル」(大阪市北区)のレストランでは、訪日中国人旅行客に向けたメニューを企画。金箔を身にまとった「金の祝い鯛」が期間中に登場する。

同ホテルのバイキング「オリンピア」では、ビュッフェメニューの1つとして、ディナー限定で「金の祝い鯛 水餃子添え」を提供。「蒸した鯛の片面に薄く金箔を貼りつけました。さらに、中国では一般的に春節に食べる料理とされている水餃子を添え、春節を祝うひと品としてご用意いたしました」という。ディナー料金は4700円ほか、時間は17時半からと19時半からの入れ替え制。

日本でいう旧暦の正月である『春節』は、2018年は2月16日。中国では、15日の大晦日から21日までの7日間が休日となり、例年この時期には多くの観光客が大阪を訪れる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本