日本初のWホテル、2021年大阪に誕生
2018.1.11 5:00

個性あふれるデザインホテルとして知られる「Wホテル」が、2021年2月に大阪・南船場に「W OSAKA」を開業する。

2021年2月に、大阪に誕生する「Wホテル」の外観イメージ画像一覧

「Wホテル」は、1998年にニューヨークに誕生、刺激的なデザインやサービスで話題を呼んだ。同ホテルは「マリオット・インターナショナル」(本社・アメリカメリーランド州)が展開するブランドのひとつで、長年のパートナーである「積水ハウス」が所有する。大阪に誕生する「W OSAKA」は、新築27階建て、50室のスイートルームを含む337客室、レストラン、バー、プールやフィットネス、スパなどを備え、斬新で革新的なホテルとして御堂筋の西沿いに誕生する予定だ。設計顧問は安藤忠雄氏。

「Wホテル」は、大阪市中央区南船場4丁目、御堂筋沿いに開業する画像一覧

「日本ではオリンピックまでにさまざまなイベントが控えており、世界からの注目度も高まっている。大胆で革新的なWホテルブランドを導入するのは、日本全体が盛り上がっているこの時期が最適であると感じている」と、Wホテルワールドワイド グローバルブランドリーダーのアンソニー・インガムさんは話す。「W OSAKA」の立地の最寄り駅は地下鉄・心斎橋駅。道頓堀も近く、ビジネスや観光の利便性は高い。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ