さんま、相撲行司に「18年もかかんの?」
2017.11.4 12:00

まだまだ知らない世界の人たちが登場し、その人たちの「実際はどうなのか?」をじかに聞いていこうという、毎日放送『痛快!明石家電視台』の人気コーナー「実際どうなん!?」。11月6日の放送回では、「大相撲」をテーマに親方衆をはじめ、行司、呼出、床山、芸人までさまざまな形で大相撲に関わる9人が登場する。

木村銀治郎さんの行司でさんまと寛平が、爆笑の取り組み画像一覧

大相撲を支える裏方さんの登場に、「大変やな〜」とさんま。なかでも15歳で行司の世界に入った木村銀治郎さんの「足袋を履くまで18年」のひと言に、「え!? 18年もかかんの?」とびっくり。実はさんまも中学時代に1週間だけ相撲部に入っていたことがあるという、思いがけないエピソードも披露される。

元横綱や裏方さんの仰天ウラ話に爆笑の連続。現役時代のケガの話を披露する錦戸親方(元関脇・水戸泉)画像一覧

「相撲の世界独特のしきたりがある」というテーマをはじめ、「とんでもない失敗をしたことがある」「相撲の世界ならではの珍事件に遭遇した」などのテーマから、角界のさまざまな裏話が続出。「相撲界独特のあいさつの仕方」とは? 「力士のまげを結う時のしきたり」とは? 土俵づくりをするのは誰? ファンが力士と接するときのしきたりとは? まわしからまさかのポロリがあった時にはどうするの? 本物の呼出さんと行司さんによる、さんまと寛平の取り組みは爆笑の連続。この模様は11月6日・深夜0時13分から放送される。

毎日放送『痛快!明石家電視台』

放送:2017年11月6日(月)・深夜0:13〜1:08
出演:明石家さんま、間寛平、村上ショージ、中川家、芝田山親方(元横綱・大乃国)、錦戸親方(元関脇・水戸泉)、雷親方(元小結・垣添)、木村銀治郎(行司)、大吉(呼出)、床中(床山)、小泉エリ(年寄・佐ノ山夫人)、キンボシ西田(芸人)、あかつ(芸人)、豊崎由里絵(MBSアナウンサー)
URL:http://www.mbs.jp/akashiya/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ