京都でチンアナゴだらけ展、AR体験も
2017.10.19 19:00

11月11日が「チンアナゴの日」に制定されていることから、「京都水族館」(京都市下京区)館内がチンアナゴだらけになるイベントが、11月1日から期間限定で開催される。

顔が犬の「狆(ちん)」に似ていることから名付けられたというチンアナゴ
顔が犬の「狆(ちん)」に似ていることから名付けられたというチンアナゴ画像一覧

チンアナゴとは、ウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種で、砂底から生えているように細長い体の半分(頭部)を外に出している姿がユニークな同館の人気者。巣穴に入ってゆらゆらと水中を漂う姿が数字の「1」にそっくりなことから、イベントではチンアナゴとその仲間のニシキアナゴがそれぞれ111匹ずつ展示される。

『HADOSHOOT!』イメージ。モンスターや戦うチンアナゴと一緒に記念撮影できるフォトスポットも設置
『HADOSHOOT!』イメージ。モンスターや戦うチンアナゴと一緒に記念撮影できるフォトスポットも設置画像一覧

ほか、最新のARシステムを使用し、CG空間でチンアナゴの巣穴を襲うモンスターを倒す体感アトラクションゲーム『HADO SHOOT! 京都水族館でモンスターファイト』の開催や、11日・12日限定で、下村実館長による解説を聞きながら実際にチンアナゴにごはんをあげることができるツアー、チンアナゴになりきることができるオリジナルお面を作る「なりきりちんあなご」といった体験プログラムがおこなわれるなど、盛りだくさんの内容に。

ちんあなごだらけパフェ550円
ちんあなごだらけパフェ550円画像一覧

また、企画展に合わせたユニークなメニューが定評のある館内のカフェ「ハーベストカフェ」には、砂から顔を出す11匹のチンアナゴをモチーフとした「ちんあなごだらけパフェ」(550円・各日11個限定)が登場。企画展の期間は11月30日まで。

『ちんあなごだらけの京都水族館2017』

期間:2017年11月1日(水)〜30日(木)
時間:10:00〜18:00
場所:京都市下京区観喜寺町35-1 梅小路公園内
料金:無料 ※別途入場料要(大人2,050円、大高生1,550円、中小生1,000円、3歳以上600円)
電話:075-354-3130
URL:http://www.kyoto-aquarium.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ