吉田鋼太郎、少年らは戦友のような存在
2017.10.16 9:00

ダンス映画の傑作『リトル・ダンサー』を舞台化したミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』。絶賛のうちに終わった東京公演を経て15日、「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)で大阪公演が始まった。主役のビリーを演じる5人の少年たちと、ビリーの父親役・吉田鋼太郎(益岡徹とのWキャスト)が、会見を行った。

会見をおこなったキャストら。(左から)加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力、吉田鋼太郎
会見をおこなったキャストら。(左から)加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力、吉田鋼太郎画像一覧

小さな炭鉱の町からバレエダンサーを目指す少年・ビリーに、オーディションで1000人以上のなかから選ばれた5人。「ほかのキャストのみなさんから、演技と歌がうまくなったと言われたのがうれしかった」(加藤航世)、「(本番の)舞台が平面ではなく傾斜になったけど、それでもうまくやれた」(木村咲哉)、「側宙のシーンで吉田さんとぶつかったのが、一生忘れられない」(前田晴翔)と東京公演を振り返り、大阪公演について「東京より公演回数が少ないけど、その分熱くて濃い舞台にしたい」(未来和樹)、「大阪の方が劇場が広くて、がんばらないとみなさまにお届けできない。東京の2倍がんばります」(山城力)と、それぞれ元気よく語った。

東京公演よりビリー役の前田晴翔 写真/阿部高之
東京公演よりビリー役の前田晴翔 写真/阿部高之画像一覧

頑固な父を演じる吉田は、ビリーたちを「稽古を始めた頃に比べて、みんな演技が本当にうまくなった。踊りはできる、歌は歌える、そしてお芝居もできるって、すごい状態になっています。今は父親のように暖かく見守るというよりも、戦友のような存在です」と絶賛。また「(共演の)女の子たちと仲良くやってる? 恋は生まれたろう、絶対」とビリーたちに詰め寄るなど、世代を超えた仲の良さを見せる場面もあった。

最後に吉田は「誇張なしで、本当にすべてのシーンが見どころ。忘れたことややり残したことに対して、もう1回がんばれるんじゃないかという気持ちにさせてくれる舞台」と、本作の魅力について熱く語った。公演は11月4日までで、チケットは発売中。出演者は回によって変わるので、キャストスケジュールは公式サイトにて要確認。

取材・文・写真/吉永美和子

ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』

日程:2017年10月15日(日)〜11月4日(土)
会場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席13500円、A席9500円、B席5500円
電話:06-6377-3800
URL:http://www.umegei.com/schedule/545/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ