行定監督「10年かけて本当に良かった」

2017.10.9 07:00

大阪出身の有村架純(中央)は、「ホームって感じがします」とコメント(8日・大阪市内)

(写真2枚)

島本理生原作の恋愛小説を映画化した『ナラタージュ』。その舞台挨拶が8日、大阪市内の映画館でおこなわれ、ヒロインの有村架純と坂口健太郎、そして、メガホンをとった行定勲監督が登壇した。

松本潤演じる教師に許されない恋をする元生徒・泉を演じた有村は、「しんどかったし、苦しかったですけど、愛おしい時間でもありました」とコメント。そんな泉に好意を寄せる大学生・小野役の坂口は、「僕は少し小野君の気持ちが分かる気がしました。何度も何度も台本を読んでるうちにすごく救いたくなるような印象でした」と、自身の役どころについてふり返った。

左から、坂口健太郎、有村架純、行定勲監督(8日・大阪市内)

その2人について行定監督は、「坂口くんはポテンシャルが高くて、架純ちゃんは芯が強く 信頼度の高い芝居をしてくれたので、将来楽しみだなと思うし、一緒にやってて楽しかったです」と絶賛。そして、「この作品は10年以上かけて企画をした作品で、松本くん、架純ちゃん、坂口くんが揃わなかったらできなかった作品だと思いま す。なので10年以上かけて本当によかった」と、映画化への手応えに満足した様子だった。

映画『ナラタージュ』

2017年10月7日(土)公開
監督:行定勲
出演:松本潤、有村架純、坂口健太郎、ほか
配給:東宝/アスミック・エース

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本