初9秒台の桐生に、滋賀が近江牛1kg

2017.9.24 19:00

桐生選手に贈呈された賞状と信楽焼の記念品(右は三日月知事、24日・東近江市)

(写真2枚)

『日本学生陸上競技対校選手権』・陸上男子100メートル決勝(9月9日)で、日本人初となる9秒台を記録した滋賀県彦根市出身の桐生祥秀選手(東洋大4年)に、滋賀県がその功績を称えて、県民スポーツ大賞「最高栄誉賞」を授与した。

24日に「東近江市布引運動公園陸上競技場」で開催された表彰式では、三日月大造滋賀県知事が、賞状・信楽焼の記念品とともに、滋賀の県産品である鮒寿し1樽、近江米60kg、近江牛1kgを贈呈。桐生は、「お肉が大好きなので、近江牛をいただけてとてもうれしいです」と笑顔で答えた。

桐生選手に贈られた滋賀の県産品の数々(24日・東近江市)

また、桐生選手は今回の受賞に関して、「滋賀県民スポーツ大賞『最高栄誉賞』は新しい賞ということで、日本人初の9秒台という記録の大きさに改めて感じますし、受賞できたことに大変うれしく思います」とコメントした。桐生選手は、今年ロンドンで開催された世界陸上4×100mリレーでも銀メダルを獲得している。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本