優勝は確定?キャッツが甲子園で始球式

2017.9.11 19:00

「始球式はとても緊張しましたが思い切って投球しました。ノーバウンドで投げることができてよかったです」と加藤

(写真1枚)

上演する地域に本拠地がある球団は優勝するという「優勝招き猫伝説」がささやかれる劇団四季ミュージカル『キャッツ』。現在「大阪四季劇場」(大阪市北区)で上演中の出演キャストが10日、「阪神甲子園球場」(兵庫県西宮市)で『阪神×横浜』戦の始球式をつとめた。

1983年に東京で行われた初演では巨人が、1985年の大阪初演では阪神が21年ぶりの優勝をつかむなど、33年間で15回のリーグ優勝と7回の日本一に巡り合った『キャッツ』。マジック点灯中の首位・広島を追う、現在2位の阪神タイガースだが、本拠地「甲子園球場」での始球式が功を奏したか、この日の試合は7−6で勝利をつかんだ。

舞台衣裳でマウンドに立ったキャストのひとり・加藤迪は、「小学校から高校まで野球部に所属していたので、甲子園は聖地であり憧れでした。貴重な機会をいただけたことをとてもうれしく思います」とコメント。同舞台は、昨年7月からロングラン公演中(チケットS席10800円ほか)で、2018年5月の千秋楽が決定している。

劇団四季ミュージカル『キャッツ』

日程:2016年7月16日(土)〜2018年5月6日(日)
会場:大阪四季劇場(大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 7F)
電話:06-4796-6600(劇団四季 関西オフィス)
料金:S席10,800円、A席8,640円、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本