大阪・河内長野市で、木を奏でる舞台
2017.9.2 17:00

『木と奏でる人々の歌』と題したステージが、大阪の「ラブリーホール」(河内長野市)で9月10日におこなわれる。これは、木などで作った楽器の演奏と、ダンスパフォーマンスや歌、パントマイムなどが繰り広げられる舞台。奥河内と呼ばれ、豊かな自然の森を持つ河内長野市のすばらしさを体現できるように演出されている。

河内長野の森で切った木で作った楽器を奏でる。いったいどんな音が!?画像一覧

「奥河内音絵巻」とも名付けられたステージは、テレビ番組やミュージカルなどの劇中音楽を制作する音楽家・サキタハヂメが、ライフワークである「山を鳴らす」プロジェクトのひとつとして、芸術監督と作曲を手掛けている。

過去の演奏の様子画像一覧

3年目を迎えるステージには、3つのテーマがある。地元の奥河内の材木で生まれた楽器を奏でること、ステージでは言葉に頼らず、ノンバーバルな笑いを作ること、奥河内の木を題材にした物語を紡ぐこと。この地に移り住み、感じた気持ちやイメージ、聞こえてきた音に耳と心を傾け、創り続けてきたサキタハヂメの思いがこめられている。

2017年9月10日開催の公演フライヤー画像一覧

また、当日は地元の学生や有志による個性豊かなパフォーマンスや、ハンドドリップコーヒーやベーカリー、イタリアンなど地元のお店が出店するマルシェ、奥河内や音絵巻のステージに関連するワークショップも10時から開催する。こちらは、『木と奏でる人々の歌』のステージが始まるまでの時間に終了ゆえご注意を。

『かわちながの世界民族音楽祭2017 奥河内音絵巻 山を鳴らす〜木と奏でる人々の歌』

日時:2017年9月10日(日)・15:15開演 ※15:00よりプレトークあり
会場:ラブリーホール・大ホール(大阪府河内長野市西代町12-46)
料金:前売2500円、当日3000円(自由席)※小学生以下無料
電話:0721-56-6100
URL:http://www.lovelyhall.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ