日本最大の古墳、上空や内部をVR体験

2017.8.29 06:00

上空300mからでないと全貌が見られないほど巨大な、日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵」

(写真2枚)

世界文化遺産登録をめざす大阪府堺市の百舌鳥・古市古墳群。その姿を上空から見渡せるVR体験『仁徳天皇陵古墳ツアー』が、大阪「堺市博物館」(堺市堺区)で開催されている。

日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳」を含む古墳群を観光するバーチャルツアーは、ヘッドマウントディスプレイを装備して体験。まるで鳥になったかのように古墳群を地上300m上空から見渡すだけでなく、約1600年前の築造当時の姿や、立ち入ることが許されていない仁徳天皇陵の石室内部を見ることができる。

バーチャルだからこそ足を踏み入れることができる、古墳内部にある貴重な石室
バーチャルだからこそ足を踏み入れることができる、古墳内部にある貴重な石室

堺親善アーティストのKANA-BOONも体験。メンバーのコガハヤトは、「数々のVR体験をしたコガハヤトが体験したんですが、なんと前代未聞の『仁徳天皇陵古墳のなか』に入れちゃったり、昔の姿を見れたりで大興奮でした」と公式ツイッターでコメントした。体験時間は約6分間で、料金は800円。

『仁徳天皇陵古墳ツアー』

時間:10:00~12:00、13:00~17:00(毎0分・30分〜/各日12回)
会場:堺市博物館(堺市堺区百舌鳥夕雲町2 大仙公園内)
料金:800円
電話:072-233-6601(堺観光コンベンション協会)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本