エビ中、立命館大でコラボ新曲初披露
2017.8.8 12:00

立命館大学入試広報課の平成29年度アンバサダーを務めるアイドルグループ・私立恵比寿中学(通称・エビ中)のメンバーが6日、「立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール」(大阪府茨木市)でイベントを開催。新曲『YELL』を初披露した。

「立命館いばらきフューチャープラザ」でイベントをおこなった私立恵比寿中学(6日、大阪府茨木市)
「立命館いばらきフューチャープラザ」でイベントをおこなった私立恵比寿中学(6日、大阪府茨木市)画像一覧

私立恵比寿中学がメインMCとなって勉強やスポーツ、仕事などに一生懸命取り組んでいる人を応援するラジオ番組『立命館大学 presents リアル頑張ってる途中』(TOKYO FM)の番組1周年を記念して公開収録がおこなわれたこのイベント。抽選で選ばれた立命館大学の学生など約800人を前に『ebiture』『未確認中学生 X』『ラブリースマイリーベイビー』など人気曲を披露した。

おなじみのかけ声「ここはどこ?」に「りつめいかーん!」という声があがり、盛り上がる会場
おなじみのかけ声「ここはどこ?」に「りつめいかーん!」という声があがり、盛り上がる会場画像一覧

最後に「がんばってる人を応援する曲を作らせていただきました。MVは衣笠キャンパス(京都市北区)ですべて撮影しました」と、新曲『YELL』について説明。メンバーたちは「芝の緑とこの衣装が合ってた」「めちゃくちゃ青春って感じ」「衣装もチアガール風です」とそれぞれ曲の印象を語るなか、イチオシシーンについては「(メンバーの)真山(りか)を見て欲しい!」とのこと。真山本人は「みんなかわいいよ!」と照れながらも、「アイドルらしい疾走感のある髪の毛のなびき。風との融合」とアピールしていた。

ファンクラブ会員やラジオリスナー、抽選で選ばれた立命館大学の学生ら約800人が集まった
ファンクラブ会員やラジオリスナー、抽選で選ばれた立命館大学の学生ら約800人が集まった画像一覧

「ドキドキする!」と初披露に緊張の面持ちのメンバーだったが、曲のサビには振付師ユニット「振付稼業 air:man」(立命館大学卒業生)が担当した応援団風の覚えやすい振付があり、すぐさま一緒に踊る観客も。「曲の後半にみなさんが踊ってくださってうれしかったです!」と感激し、振付をレクチャーするなどライブは大いに盛り上がった。『YELL』が収録されたシングル『FAMIEN’17 e.p.』は8月26日に発売される。

digital single『FAMIEN’17 e.p.』

2017年8月26日(土)発売
1000円(税別)
01.HOT UP!!!
02.YELL(立命館大学×エビ中応援ソング)
03.なないろ(716 LIVE VERSION)
04.サドンデス(716 LIVE VERSION)
URL:http://www.shiritsuebichu.jp/official/pc/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ