大阪&兵庫の里山で、参加できるアート
2017.7.22 8:00

大阪府の北部と兵庫県とをまたぐ能勢電鉄の沿線地域(川西市、猪名川町、豊能町、能勢町)で、『のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭』が、7月22日からおこなわれる。

『のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭』メインビジュアル
『のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭』メインビジュアル画像一覧

この地域は都市部近郊でありながら、昔からの原風景「里山」が広がるエリアとして知られ、「日本を代表する里山」とも言われており、都会では感じられなくなったさまざまなモノやコトが、静かに力強く生き続けている地域である。

8月5〜6日に開催の和田隆さんのワークショップ「みつばちの知っている世界」。その地域で生活し、活動している方が講師をつとめるプログラムも
8月5〜6日に開催の和田隆さんのワークショップ「みつばちの知っている世界」。その地域で生活し、活動している方が講師をつとめるプログラムも画像一覧

地域を5つのエリアに分け、週末を中心にさまざまな日程で、澤田知子、コンタクトゴンゾ、大西伸明、淀川テクニックら、いろんなアーティストがパフォーマンスやワークショップを繰り広げる。観る人も参加でき、一緒に何かをつくったり、また事前予約制で開催されるものも。いずれも地元エリアの自然や特性を生かしたプログラムばかりだ。

8月5〜6日に地黄・野間エリアでワークショップをおこなうアーティスト「淀川テクニック」の作品
8月5〜6日に地黄・野間エリアでワークショップをおこなうアーティスト「淀川テクニック」の作品画像一覧

「アートを通して皆で学び合う、ワークショッププログラムを中心とした今回の芸術祭は、里山の地域だからこそ実現できた、決して一方向ではない芸術祭です。地域と地域、都市と自然、人と人、心と心をつなぎ、それぞれの物語を過去と現在、未来へとつないでいく芸術祭を目指します」と主催者。期間は8月27日まで。また、10月末には開催されたワークショップを展示する「収穫祭」もおこなわれる。ぜひ公式サイトでチェックして。

『のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭』

期間:2017年7月22日(土)〜8月27日(日)
参加アーティスト:堀尾貞治+現場芸術集団「空気」、伊藤存、ヴィヴィアン佐藤、澤田知子、コンタクトゴンゾ、大西伸明、淀川テクニック、笹岡由梨子、ニシジマ・アツシ+村井啓哲、武田俊彦、村川拓也、小林泰三、ズガ・コーサクとクリ・エイト、日下慶太(エンバーン)、柴田剛、佐伯真有美(あふりらんぽ、オニ)、グレゴリー・サリバン、前田文化、友井隆之、ほか
URL:http://www.noseden-artline.com/2017/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ