廣木隆一監督「撮れなくてもいい、と」

2017.7.14 18:00
(写真4枚)

「ここまできたらどんどん撮ってやろうと」(廣木監督)

──うまいと言えば、父親役の光石研さんも、隣の仮設住宅に住んでいる戸田昌宏さんもよかったです。

初めは、父親のシーンがもう少し多かったんです。でも、光石さんがうまいから、そのままだとお父さんの映画みたいになっちゃって。だから切りました(笑)。戸田さん、いいよね。彼は実力がもっと評価されるべき俳優だと思うな。

今や日本映画、ドラマ界に欠かせない存在となった光石研 © 2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会

──それに今回は『恋人たち』(2015年)の篠原篤、『ケンとカズ』(2016年)の毎熊克哉と、廣木組初出演の顔もありました。

篠原は『恋人たち』とまったく違う印象で頑張ってくれた。毎熊は父親のパチンコ仲間の、漁師の青年なんだけど、ほんとに漁師に見えたよね。そうそう、あの毎熊が父親に頼まれて船を出すシーン。あそこで本当に船を出してくれたのは、本物の漁師の父子だったんだけど、そのご一家も、映画の主人公の父娘の家族と同じで、お母さんが波にさらわれたまま生死不明だと言っていた。あのシーンをどういう気持ちで協力してくれたのかと思うとなんとも言えないな。

──そうだったんですか。細かいところなんですけど、主人公の父娘が住む仮設住宅に、お母さんの位牌はなくて、写真だけが飾ってあるのも・・・。

そう、遺体が見つかっていないということを示しています。

「ここまできたらどんどん撮ってやろうという気持ち」と廣木隆一監督

──ヒロインが東京に向かう長距離バスの車窓から見える、送電線をつなぐ鉄塔の群れ。あれは、あの先には発電所がある、ということですよね。

鉄塔のカットに交錯するように、積み上げられた放射能汚染土のカットを入れています。あれなんかも、シートを被せただけで放ったらかしにされている印象ですよね。どうするんだ、と。なのにまた原発を再稼働しようと言う。いったいなにを考えているんだ、と本気で思います。

──ほんとにそうですね。この映画を撮られて、監督のなかで故郷・福島について、一区切りついた感じでしょうか?

いや、区切りはついてないですね。むしろ、ここまできたらどんどん撮ってやろうという気持ちです(笑)。同じテーマの作品を、全然違う切り口で撮ってみたいですね。

映画『彼女の人生は間違いじゃない』

2017年7月15日(土)公開
監督:廣木隆一
出演:瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生、ほか
配給:ギャガ
テアトル梅田、京都シネマ、シネ・リーブル神戸で上映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本