京都大丸ビアガーデン、30数年ぶり復活

2017.6.3 08:00

赤い毛せんが京都らしい「大丸ビアガーデンKYOTO」の会場

(写真10枚)

「大丸京都店」(京都市下京区)で、30数年ぶりとなる『大丸ビアガーデンKYOTO』が、9月24日までおこなわれている。

同店では、ビアガーデンの歴史は古く、ビアガーデンの原形となる「大丸ガーデン」がおこなわれたのは今から100年以上前の明治43年。当時、現在の大丸京都店が建つ場所は建設予定地として空き地になっており、その場所で西洋料理や冷たい飲み物を提供、浴衣や化粧品などをひと夏限定で販売し、ローラースケート場まであり、大盛況だったとのこと。大丸創業300周年を迎える今年、「大丸創業300周年プロジェクト」のひとつとして、そのにぎわいを屋上に復活することとなった。

牛肉や京の都もち豚、鶏もも肉、ソーセージなど盛りだくさんなBBQセットに、京都・伏見の地酒
牛肉や京の都もち豚、鶏もも肉、ソーセージなど盛りだくさんなBBQセットに、京都・伏見の地酒

食事はグループごとにテーブルでいただくバーベキューがメイン。そのほかのフードやドリンクもビュッフェスタイルで楽しめる。ビュッフェに並ぶ料理は日替わりで15〜20種を用意。ビールが進む枝豆やポテトフライ、唐揚げなどに加え、九条ねぎのとろとろ角煮や京つけもののパスタなど、京都らしさを感じるメニューも登場する。

ドリンクコーナーはセルフで。カクテルレシピ表があり、お酒をジュースや炭酸水で割って自分で作れる
ドリンクコーナーはセルフで。カクテルレシピ表があり、お酒をジュースや炭酸水で割って自分で作れる

また、ドリンク類も京都のものを揃え、日本酒は増田徳兵衞商店(京都市伏見区)の「月の桂」や松本酒造(京都市伏見区)の「桃の滴」など、京都の酒蔵からセレクト。日本酒モヒートや日本酒サングリアなど、日本酒を使ったカクテルも楽しめるほか、黄桜(京都市伏見区)が作るクラフトビールもそろう。通常は17時、週末は16時、プレミアムフライデーは15時からと、早めのオープン時間で、界隈のビジネスマンだけでなく、買い物帰りのマダムも立ち寄れる。繁華街ながらビアガーデンが不毛だった四条烏丸エリアでこの夏人気が出ること間違いなしだ。飲み食べ放題120分、4200円から。

取材・文・写真/天野準子

『大丸ビアガーデンKYOTO』

期間:2017年5月26日(金)〜9月24日(日)
時間:17:00〜21:30LO(金土日祝・祝前日は16:00〜、毎月末金曜プレミアムプライデーは15:00〜)※雨天中止
会場:大丸京都店8F屋上(京都市下京区立売西町79)
料金:通常プラン大人4200円、中学生以下2500円(BBQセットとビュッフェ、ドリンク飲み放題、120分制、ドリンク・フード共に90分でラストオーダー、クラフトビール飲み放題プランは4500円)
電話:075-354-5358(予約専用・受付12:00〜20:00)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本