9年ぶり刷新、山陽新幹線パーサー制服

2017.5.23 07:00

約9年ぶりにリニューアルされた山陽新幹線・パーサーの制服(左が夏服、右が冬服)

(写真3枚)

新大阪駅から博多駅までを結ぶ山陽新幹線を運営する西日本旅客鉄道(JR西日本)が、約9年ぶりにパーサーの制服をリニューアル。その詳細が発表された。

「お客さまに愛され、誰からも憧れを抱いていただけるユニフォーム」「『おもてなしの心』を体現した女性らしく親しみやすいスタイリング」をコンセプトに、デザインを大幅にリニューアル。明るい配色で清潔感のあるデザインであるとともに、動きやすさや使いやすさなどを考慮したという。

リニューアル記念で山陽新幹線車内限定で発売される「黒糖ドーナツ棒」(3本入り・900円)
リニューアル記念で山陽新幹線車内限定で発売される「黒糖ドーナツ棒」(3本入り・900円)

新制服は、夏服が6月1日から、冬服が10月1日から導入予定されている。また、新制服を記念し、パーサーバージョンの「黒糖ドーナツ棒」(3本入り・900円)が山陽新幹線車内限定で6月9日より発売される(無くなり次第終了)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本