桂文枝の執念、上方落語台本大賞が復活

2017.3.10 11:00
  • 課題作のテーマは、「『コンニャク』でもよかったかなあ」と笑いも盛り込んだ桂文枝
  • 賞金は、大賞10万円、優秀賞5万円、佳作3万円で、入選作は落語家によって繁昌亭で口演される
  • 課題作のテーマは、「『コンニャク』でもよかったかなあ」と笑いも盛り込んだ桂文枝
  • 賞金は、大賞10万円、優秀賞5万円、佳作3万円で、入選作は落語家によって繁昌亭で口演される
(写真2枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本