「あさが来た」で有名、加島屋の雛飾り
2017.2.22 19:00

「大阪くらしの今昔館」(大阪市北区)で2月25日より、「浪花の大雛祭り」展がおこなわれます。「雛祭り」は、今では広く市民に根付いていますが、自宅に豪華な7段飾りや5段飾りがあった人は少ないかもしれません。雛祭りをしたいけど、我が家にはお雛さまがいない。そんな人は、美術館に出かけてはどうでしょうか。

享保雛 加島屋伝来 大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)蔵
享保雛 加島屋伝来 大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)蔵画像一覧

女の子のすこやかな成長を祈り、各家庭でおこなわれる雛祭りは、宮中での「桃の節句」がルーツで、江戸時代に武家や町方にも広がりました。本展は同館と摂南大学が毎年開催しているもの。浪花の豪商の雛飾りや、雛祭りを主題にした屏風、節句図などが並ぶほか、約600体もの大雛飾りが展示されます。

大雛壇 部分(2014年) 摂南大学蔵
大雛壇 部分(2014年) 摂南大学蔵画像一覧

さらに今年は、一昨年にNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で有名になった豪商「加島屋」(廣岡家)に伝来した雛飾り一式が新たに発見され、本展で披露されることに。絢爛豪華な雛飾りで春の訪れを感じつつ、浪花の華やかな町人文化触れられる良い機会です。

文/小吹隆文(美術ライター)

『浪花の大ひな祭りー浪花の豪商の雛道具ー』

期間:2017年2月25日(土)〜4月2日(日)
時間:10:00〜17:00 ※入館は16:30まで 火曜・3/22休
会場:大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館(大阪市北区天神橋筋6-4-20)
料金:企画展(本展)/300円、常設展+企画展/一般800円 大高生500円(要学生証呈示)※中学生以下、障がい者手帳持参、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
電話:06-6242-1170
※2/26(日)10:00〜12:00関連講演会あり。詳しくは公式サイトにて
URL:http://konjyakukan.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ