道頓堀グリコネオン、異例のコラボ

2017.2.21 19:31

観光客の多くは両手を上げて記念撮影

(写真2枚)

賑やかな大阪ミナミの街並みを代表する風景のひとつ、道頓堀のネオン広告。なかでも1935年から愛され続けるグリコのネオン広告に2月21日、初めて他社の商品が登場した。

今回の取り組みは、グリコとキリンのコラボ企画の一環として実現。流れる映像は、組み合わせて食べるとケーキ味になると話題の「ポッキークリーミーバニラ」と「午後の紅茶 いちごティー」のPRのために制作され、両手を広げたお馴染みのランナー(ゴールインマーク)の代わりに、オリジナルキャラクター「おとぼけパティシエ」と2つの商品が映し出された。

2014年にLED仕様と新しくなった6代目のグリコサイン。大型ビジョンになったことで、これまでもゴールインマークの生い立ちなど特別映像が流れることはあったが、他社の商品が登場するのは今回が初めて。期間は21日から28日まで。日没の30分後から24時まで15分毎に流れる。

道頓堀グリコサイン

住所:大阪市中央区道頓堀

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本