バニラエア、19年ぶり関空−奄美を就航
2017.1.10 12:00

ANAホールディングスが100%出資する純和製のLCCエアライン「バニラエア」(代表:五島勝也社長)が、3月26日より大阪(関西国際空港)−奄美大島線を開設することを発表した。関空−奄美大島の就航は、1998年のJAS(日本エアシステム)以来、19年ぶりになるという。

大阪(関西国際空港)ー奄美大島の新路線を発表した「バニラエア」の五島勝也社長(10日・大阪市内)
大阪(関西国際空港)ー奄美大島の新路線を発表した「バニラエア」の五島勝也社長(10日・大阪市内)画像一覧

10日の記者会見では、2月の成田線、3月の函館線に続く国内3路線目として、「東洋のガラパゴス」と称されるリゾート地・奄美大島への就航を発表。五島社長は「関西圏には、奄美大島ゆかりの方々が25万人おり、これは首都圏よりも大きな数。もうひとつは、奄美群島国立公園が2018年には世界自然遺産登録を目指していくこともあり、私たちLCCがお求めやすい運賃をご提供することで、多くの方に奄美の自然の素晴らしさ、豊かさを体験していただければ」と語り、奄美大島新路線への意気込みを語った。

新規路線開設記念セールとして、大阪(関西国際空港)ー奄美大島間を1980円で発売
新規路線開設記念セールとして、大阪(関西国際空港)ー奄美大島間を1980円で発売画像一覧

運賃は片道4780円〜(ピーク時5880円〜)。航空券はバニラエア公式サイトほかで1月12日・14時から発売される。また、新規路線開設記念セールとして、1月12日・14時から18日・23時半までの期間、1980円での発売も発表(搭乗期間:2月6日〜6月末)。

「バニラエア」

URL:https://www.vanilla-air.com/jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。