酉年にぴったり、世界遺産の鬪鷄神社へ

2016.12.29 20:04
  • 「湛増弁慶の像」では、鶏が闘う姿を見守る親子の姿
  • おみくじももちろん鶏、「鶏みくじ」300円
  • 「闘鶏まんじゅう」9個入り1440円。箱は、とんとん相撲としても楽しめるように
  • JR紀伊田辺駅を訪れた人は「闘鶏神社」のほか、「南方熊楠顕彰館」を巡ることが多いそう
  • 約1年かけて開発した「闘鶏まんじゅう」。赤は、みなべ市の梅ジャム、柚子は田辺市産の柚子ペーストを使用し、和歌山らしいひと品に
  • 「湛増弁慶の像」では、鶏が闘う姿を見守る親子の姿
  • おみくじももちろん鶏、「鶏みくじ」300円
  • 「闘鶏まんじゅう」9個入り1440円。箱は、とんとん相撲としても楽しめるように
  • JR紀伊田辺駅を訪れた人は「闘鶏神社」のほか、「南方熊楠顕彰館」を巡ることが多いそう
  • 約1年かけて開発した「闘鶏まんじゅう」。赤は、みなべ市の梅ジャム、柚子は田辺市産の柚子ペーストを使用し、和歌山らしいひと品に
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本