THE 世界名作劇場展、人気キャラ集結
2016.12.9 18:01

1975年の『フランダースの犬』から40年。制作スタジオ「日本アニメーション」の原画、制作資料などを展示する『THE 世界名作劇場展』を「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で12月28日から開催する。

『世界名作劇場』の人気キャラクターが集結する
『世界名作劇場』の人気キャラクターが集結する画像一覧

1970~90年代、子どもの日曜夜のお楽しみだった『世界名作劇場』シリーズ。この番組を通じて、原作でもあるルイーザ・メイ・オルコット作の『若草物語』、マーク・トウェイン作の『トム・ソーヤーの冒険』など、世界の名作に触れるきっかけになった人も多いだろう。そういう意味でも、その功績は計り知れない。今回は、「日本アニメーション」が手掛けた26作品を年代別に紹介し、夢と感動あふれるアニメの背景が感じられる内容に。また、同スタジオ所属時に宮崎駿が手掛けた直筆『赤毛のアン』レイアウト約30点の公開も必見だ。

「母をたずねて三千里」 イメージボード 椋尾篁(むくお たかむら)
「母をたずねて三千里」 イメージボード 椋尾篁(むくお たかむら)画像一覧

12月28・29日は『世界名作劇場 名場面上映会』で『あらいぐまラスカル』『母をたずねて三千里』などの作品を無料で上映(同企画の入場券または半券が必要)。当時の作品を知らない子どもと一緒に、親子で楽しむきっかけにもなりそうだ。期間は2017年1月9日まで、料金800円ほか。

「愛少女ポリアンナ物語」 設定画 佐藤好春
「愛少女ポリアンナ物語」 設定画 佐藤好春画像一覧

『THE 世界名作劇場展〜制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと〜』

期間:2016年12月28日(水)〜2017年1月9日(祝・月) ※1/1休
時間:10:00〜20:00(金・土曜は〜21:00) ※年末年始は変動あり
場所:阪急うめだ本店9F 阪急うめだギャラリー
料金:一般800円、中学生以上500円、小学生以下無料
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ