阿部寛「スキー滑れない役で助かった」

2016.11.27 16:00

大阪で主演映画「疾風ロンド」の舞台挨拶をおこなった阿部寛(27日・梅田ブルク7)

(写真2枚)

東野圭吾のサスペンス小説を実写映画化した『疾風ロンド』。その大ヒット記念イベントが27日に大阪市内で開催され、主演の阿部寛をはじめ、大島優子、関ジャニ∞・大倉忠義、吉田照幸監督が舞台挨拶をおこなった。

『サラリーマンNEO』『あまちゃん』『となりのシムラ』(すべてNHK)などを手掛けた吉田監督だけに、サスペンスだけでなく、アクション、コメディ、ヒューマンドラマなど、さまざまな要素が絡む作品となった映画『疾風ロンド』。しがない研究者・栗林を演じた阿部は、「追い込まれる男の役って多いんですよね、外国人役とかも。自分でも嫌いな分野じゃないですし、監督が手掛けている作品も観ていたんで、思いっきりやろうと。すごく好きな役です」とコメント。

大阪での舞台挨拶で、笑顔で司会者の質問に答える阿部寛、左は共演の大島優子(27日・梅田ブルク7)

そして、司会者から撮影で苦労したことなどを訊かれ、「逆に苦労しなかったんですけど、スキーのシーンがあって、実は30年ぶりだったんです。滑れないからどうしようかと思ったんですけど、逆にすべれない役だったんでね。そこは助かった」と、笑顔で振り返った阿部。映画は現在、梅田ブルク7ほかで上映中。

映画『疾風ロンド』

2016年11月26日(土)公開
監督:吉田照幸
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、柄本明、ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本