京阪沿線の酒も、中之島駅「ホーム酒場」
2016.11.25 7:00

今年6月に開催され、4日間で計7000人が来場し大盛況だった、京阪電車中之島駅での『中之島駅ホーム酒場』。さらにパワーアップし、第2弾が12月14日から17日まで開催される。

京阪「中之島駅」3番線が酒場に(前回の様子)
京阪「中之島駅」3番線が酒場に(前回の様子)画像一覧

「中之島駅」(大阪市北区)の3番線に停車した電車とホームにて飲食を楽しめるこのイベント。前回は営業運転している「2200系」車両が会場だったが、今回は座席昇降で有名な「5000系」車両が酒場に変身。車内にはカウンターテーブルが設置され、吊り輪片手に立ち飲みスタイルで飲食が楽しめる。「中之島をはじめ、京阪沿線の魅力を多くの人に知ってもらいたくて」と広報担当者が言うように、お酒は堂島に本社を構える「サントリー」の生ビールや京都・伏見「中畝酒店」の日本酒に加えて、「島之内フジマル醸造所」のワインが楽しめる。フードは駅近くにある「すえひろ」の天むすや「京阪レストラン」の田楽みそおでんなど、中之島エリアや京阪沿線の人気店のメニューが並ぶ予定だ。

生ビールには行列が(前回の様子)
生ビールには行列が(前回の様子)画像一覧

電車やホームでお酒を楽しめるという非日常感と物珍しさから、前回は初日オープン1時間で約450人が来場。混雑時は入場制限が設けられるとあって、今回も早めの時間に来場するのがおすすめだ。時間は17時〜21時半(17日は14時から20時半)。

出店:サントリー ザ・プレミアム・モルツ、アサヒスーパードライ、中畝酒店、島之内フジマル醸造所、天むす・すえひろ、大阪屋、京阪レストラン、吉田麻子料理教室

『中之島駅ホーム酒場』

期間:2016年12月14日(水)〜17日(土)
時間:17:00〜21:30(入場は21:00まで)※17日は14:00〜20:30(入場は20:00まで)
場所:京阪電車中之島線 中之島駅3番線(大阪市北区中之島5-3-50)
※中之島駅1.2番線ホームから直接会場へは入場不可
料金:1,000円(1,000円分の飲食チケット付)
電話:06-6945-4560

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ