小栗旬、妻夫木に「愛を見せてもらった」
2016.11.20 12:00

巴亮介のサイコスリラーコミックを実写映画化した『ミュージアム』の大ヒット御礼イベントが20日、大阪「梅田ブルク7」で実施され、主演の小栗旬と大友啓史監督が登場。舞台挨拶をおこなった。

主演映画『ミュージアム』の大ヒット御礼舞台挨拶に登場した小栗旬(20日・梅田ブルク7)
主演映画『ミュージアム』の大ヒット御礼舞台挨拶に登場した小栗旬(20日・梅田ブルク7)画像一覧

小栗が演じたのは、猟奇殺人事件を追う刑事・沢村。警察署内部のシーンは、大阪の重要文化財「中之島図書館」で撮影がおこなわれたと言い、小栗は「そこで自分がテンパって物にあたるシーンがあるんですけど、テストの前に監督から『なにやってもいいから、好きに感情をぶつけてくれ』と言われて。で、そこにあった棚を思いっきり蹴ったんです。監督も『オッケー!じゃあ本番いこう』と。そしたら美術さんが『これだけは・・・これだけは蹴らないでください!ホント、いろいろ問題あるんで』って(笑)」と、撮影当時を振り返ると、監督は「いつもそうです。俺が『やれ、やれ!』って言うと、こっそりスタッフが『勘弁してください・・・』って。そういうことが各部署で起きてます(笑)」と、知られざる現場の内幕を語った。

イベント終盤にはカエル男も登場し、観客の撮影タイムに突入。笑顔で応える小栗旬(左)と大友啓史監督(20日・梅田ブルク7)
イベント終盤にはカエル男も登場し、観客の撮影タイムに突入。笑顔で応える小栗旬(左)と大友啓史監督(20日・梅田ブルク7)画像一覧

また、小栗と妻夫木聡の共演シーンも見どころのひとつである本作。小栗は「妻夫木くんが、今回の役作りは小栗を愛するところから始めると。ひたすら僕に執着するキャラクターなので、こんなに執着するのは(小栗への)愛しかないと。結果、現場ではすごく愛してもらいました(笑)。妻夫木くんは、この前に『怒り』という映画で綾野剛くんともいろいろありましたけど、それとはまた違った愛を見せてもらいました(笑)」とコメントし、観客の笑いを誘った。映画は現在、大ヒット上映中。

映画『ミュージアム』

2016年11月12日(土)公開
監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子、大森南朋、松重豊、妻夫木聡
配給:ワーナー・ブラザース映画
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ