夢のコラボも、阪神で和菓子フェア

2016.11.18 07:00

フェアに登場する「銀座くろまめへしれけーき」(1本・6264円/左)と「苺大福」(1個・324円)

(写真2枚)

日本の伝統的な和菓子や和スイーツをスタイリッシュに販売する3つのブランドが、大阪「阪神百貨店」の地下1階食品催事コーナーに期間限定で登場。季節限定商品や関西初登場の和菓子が楽しめることに。

登場するのは、銀座手みやげの新定番として話題の「Kuma3(くまさん)」がプロデュースする関西初登場の「銀座くろまめへしれけーき」(1本・6264円)や、創業90余年の「鈴懸」(福岡県博多市)で冬のみ販売される「苺大福」(1個・324円)など。

関西の人気和菓子3店によるコラボブランド「さんぽ」も初登場
関西の人気和菓子3店によるコラボブランド「さんぽ」も初登場

なかでも注目を集めそうなのが、姫路の「甘音屋」・豊中の「森のおはぎ」・箕面の「かむろ」という関西の人気和菓子3店によるコラボブランド「さんぽ」による「あんころ餅」(1個・162円)。いちごやゆずの「果実のあんころ」、くるみや栗の「木の実のあんころ」など、8種類が販売される。期間は11月23日から29日まで。

『おしゃれでモダンな和菓子フェア』

期間:2016年11月23日(祝・水)〜29日(火)
営業:10:00〜20:00(時期により異なる)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本