池坊展に吉田栄作、花への思いを語る
2016.11.9 16:00

11月9日から「京都高島屋」(京都市下京区)で始まった日本最古の花展『旧七夕会 池坊全国華道展』の開会式に、特別ゲストとして俳優・吉田栄作が出席した。

「昨夜、京都のおいしいお酒を飲み過ぎました」と会場からの笑いを誘った、吉田栄作
「昨夜、京都のおいしいお酒を飲み過ぎました」と会場からの笑いを誘った、吉田栄作画像一覧

京都の池坊が文献に記されてから、来年555年。その記念すべき年に公開される、戦国時代に活躍した家元 初代・池坊専好を主人公に描いた映画『花戦さ』(6月公開)。劇中のいけばな作品はすべて池坊が担当することを受けて、同イベントでは、映画のシーンやパネル、戦国時代のいけばなの再現展示も行う『花戦さの世界展』が同時開催されることに。

次期家元・池坊専好(左から2番目)、吉田栄作(左から3番目)家元四十五世・池坊専永(左から5番目)らがテープカット
次期家元・池坊専好(左から2番目)、吉田栄作(左から3番目)家元四十五世・池坊専永(左から5番目)らがテープカット画像一覧

劇中で石田三成役を演じる吉田が作品を代表して登場、会場にいた女性からは大きなどよめきと拍手が起こり、山内秀一 京都府副知事も「今年は一段と大勢の皆様がお越しで、なんでかなと思ったら(笑)。すてきですよねぇ」と、吉田の人気と魅力を改めて実感した。

挨拶で吉田は「(主人公・池坊専好の)どちらかというと敵役になりますが。先日、僕も出来上がった作品を見ました。昔から、花の表現が、人々の心を支えであり、活力になっているんだなと。普段は何気なく、お花をもらったりしますけれど、花に対しての思いが僕のなかで変わってきた気がします」と、花への思いを語り、会場の作品を鑑賞した。

同展は、「花の力」をテーマに2カ所の会場で開催。華道家元四十五世・池坊専永と次期家元・池坊専好による雄大的な作品も展示する「京都高島屋」会場では14日まで約400点、「池坊会場」では11月11日〜14日に、約1,200点が展示される。入場料は2会場共通900円。

「今回のテーマは花の力。力は目に見えないもの、どうやったら力があるか1人ずつ考えなければならないと思っています」と語った華道家元四十五世 池坊専永の作品
「今回のテーマは花の力。力は目に見えないもの、どうやったら力があるか1人ずつ考えなければならないと思っています」と語った華道家元四十五世 池坊専永の作品画像一覧

『旧七夕会 池坊全国華道展』

期間:高島屋=2016年11月9日(水)〜14日(月)、池坊会館11月11日(金)〜14日(月)
時間:高島屋=10:00〜20:00(10・12・14日は〜18:00)、池坊会館9:00〜17:00
※入場は閉場30分前
場所:京都高島屋7F グランドホール、池坊会館
料金:900円(2会場共通)
電話:075-231-4922(一般財団法人池坊華道会)
URL:http://www.ikenobo.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ