松山ケンイチ「役作りは自分への暴力」
2016.11.8 21:45

わずか29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖の壮絶な生きざまを映画化した『聖の青春』。その先行試写会が8日、大阪「なんばパークスシネマ」(大阪市浪速区)でおこなわれ、主演の松山ケンイチと森義隆監督が舞台挨拶に登場した。

映画『聖の青春』の舞台挨拶に登場した松山ケンイチ(8日・なんばパークスシネマ)
映画『聖の青春』の舞台挨拶に登場した松山ケンイチ(8日・なんばパークスシネマ)画像一覧

かつて「東の羽生、西の村山」と称され、将来を期待された怪童・村山聖。東出昌大演じる羽生善治との対局は、劇中でも印象的な場面となっているが、実はこのシーンは対局のすべての手を2時間半かけて再現、長回しで撮影したという。松山は「初手から最後まで、すべて撮ろうと監督に提案された」と振り返り、森監督は「僕が撮りたい村山さんの輝きは、よ〜いスタート、カットでは撮れないと。松山くんも東出くんも、やりましょうと言ってくれて」と語り、「想像の遙か上までいってくれた」とその対局シーンを激賞した。

映画『聖の青春』の舞台挨拶をおこなった松山ケンイチ(左)と森義隆監督(8日・なんばパークスシネマ)
映画『聖の青春』の舞台挨拶をおこなった松山ケンイチ(左)と森義隆監督(8日・なんばパークスシネマ)画像一覧

また、20kg増量して今回の撮影に挑んだ松山は、「役作りというのはある意味、自分自身に対する暴力みたいなもんなんです。役者の自分が、そうではない自分を暴力で叩きのめすというか。そうやって作ってる部分があって。その時間が今回は長かった。完膚なきまでに叩きのめされた自分がどこかにいるんですけど、それがすごく貴重な経験だった」と、自ら名乗りを上げた村山聖役について語った。映画は11月19日から公開される。

舞台挨拶には村山聖の師匠で、松山に将棋の指導をおこなった森信雄八段(左)も登場(8日・なんばパークスシネマ)
舞台挨拶には村山聖の師匠で、松山に将棋の指導をおこなった森信雄八段(左)も登場(8日・なんばパークスシネマ)画像一覧

映画『聖の青春』

2016年11月19日(土)公開
監督:森義隆
出演:松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー、ほか
配給:KADOKAWA
URL:http://satoshi-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ