堺名誉大使に桂文枝、笑いで地域活性

2016.11.7 06:00

堺名誉大使に就任する落語家・桂文枝

(写真1枚)

『ゴルゴ13』の作者さいとう・たかをや日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問など、堺にゆかりのある著名人がその魅力を広く発信すべく任命される「堺名誉大使」。堺生まれの落語家・桂文枝が新たに就任するのに合わせて11月26日、「ソフィア・堺 ホール」(堺市中区)で委嘱式と竹山修身堺市長との対談が行われる。

歌舞伎俳優の片岡愛之助、女優の沢口靖子や黒谷友香、朝ドラ『てっぱん』の脚本家・今井雅子など、様々な文化人を輩出してきた堺市。今回、桂文枝を名誉大使に迎え、都市の活力と魅力あるまちづくりに向けて「笑い」の力による地域活性化をテーマに特別対談が行われる。参加費は無料で、11月17日まで専用サイトやハガキなどで申し込みを受け付けている。

『笑いで地域を活性化~堺名誉大使委嘱式&特別対談』

日時:2016年11月26日(土)・15:30~17:00
会場:ソフィア・堺 ホール(堺市教育文化センタ―/堺市中区深井清水町1426)
料金:無料
電話:072-228-0254(堺都市政策研究所)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本