アイヌの人形劇来阪、みんぱくに登場
2016.11.6 7:00

世界中の民族衣装や楽器、生活品などが集まる「国立民族学博物館」で行われる新展示関連事業『アイヌ展示チアシリカラ!(リニューアルしました)―冬のみんぱくフォーラム 2017』。その一環として12月3日、アイヌ民話を原作とした人形劇が上演される。

みんぱくクマ神さま

本作は、2012年にオープンした阿寒湖アイヌシアター「イコロ」(北海道釧路市)で上演するために共同制作された作品。神聖な石を無視したクマ神さまの身にふりかかる災難を題材に、カムイ(神)と人間との関係をユーモラスに描く。「イコロ」の演者が来阪し、人の背丈ほどもある大きな人形とそのユニークな衣装など、アイヌの世界観を感じることができる。

午前・午後の2部制で、午後の部には制作者らによるトークショーも。入場は無料、11月9日までに要予約。詳細は公式サイトにて。

みんぱく公演 アイヌ民話人形劇『ふんだりけったりクマ神さま』

日時:2016年12月3日(土)・11:00〜/14:30〜
会場:国立民族学博物館 講堂(吹田市千里万博公園10-1)
料金:入館料=一般420円、大高生250円、小中生110円
電話::06-6876-2151(代)
URL:http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/workshop/2016ningyou

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ