B’z松本と稲葉、年明けに大阪でソロライブ
2016.11.3 12:00

日本を代表するユニット・B’zのメンバーであるギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志が、それぞれ新たなソロプロジェクトを始動。松本は2017年3月4〜5日に「ビルボードライブ大阪」で、稲葉は1月26・27日に「Zepp Namba OSAKA」で、それぞれコラボレーションアーティストとの全国ツアーをおこなう。

B'zの稲葉浩志(左)、松本孝弘
B’zの稲葉浩志(左)、松本孝弘画像一覧

1989年に『BAD COMMUNICATION』のヒットで注目され、90年代にミリオンセラーを連発。2007年にはその功績が認められ、アメリカのHollywood’s RockWalkの殿堂入りという快挙を成し遂げたJ-POPシーンに輝くスーパーユニット・B’zの2人は、かねてより、B’zと並行しながらコンスタントにソロ活動をおこなっていた。

松本は1996年にギブソンからは世界で5人目、日本人初となるギブソン・レスポールのシグネチュア・アーティストに選ばれ、2004年にはエリック・マーティン、ジャック・ブレイズらとTMGを結成。また同年にはギタリストを中心とした弦楽器奏者のためのレーベル「House Of Strings」を設立。2010年にラリー・カールトンと共作したアルバム『TAKE YOUR PICK』は第53回グラミー賞最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムを受賞するなど、世界的な活躍を繰り広げており、今回はハワイ出身のマルチミュージシャンであるダニエル・ホーとともに「ビルボードライブ大阪」で3日間のステージをおこなう。

一方、稲葉も1997年の初ソロアルバム『マグマ』以降、コンスタントに作品を発表。4オクターブの高音からなるパワフルで色気のあるボーカルの魅力はもとより、作詞家としてもパーソナルな世界観を追求。人気・実力を兼ね備えたシンガーとして確かなキャリアを重ねており、今回は過去にも共演したことのあるギタリスト、スティーヴィー・サラスをコラボ相手に「Zepp Namba OSAKA」にて2日間のステージをおこなう。来るべきB’zの活動に備える意味でも、2人のソロはファンなら見逃し厳禁。チケットも争奪戦必至ゆえ、お見逃し無く。チケットはどちらも12月10日から発売される。

文/井口啓子

B'z ソロプロジェクト

『Tak Matsumoto & Daniel Ho Live! 2017』
日程:2017年3月4日(土)〜6日(月)
時間:4・5日 1st=17:00〜、2nd=20:00〜
6日 1st=18:30〜、2nd=21:30〜
料金:12,000円(全指定)※カジュアルエリア11,000円
電話:06-6342-7722(ビルボードライブ大阪)
URL:http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=2

『INABA / SALAS "CHUBBY GROOVE TOUR 2017』
日程:2017年1月26日(木)・27日(金)
時間:19:00〜
料金:1Fオールスタンディング9,000円、2F指定席12,000円(ドリンク代別途要、1Fは整理番号順)
※3歳以下入場不可、4歳以上からチケットが必要
電話:06-6357-4400(サウンドクリエーター)
URL:http://www.sound-c.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ