美女と野獣の世界観、再現セット公開

2016.10.30 10:00

『美女と野獣』舞台仕込み取材会での様子(28日、京都劇場)

(写真2枚)

劇団四季による6年半ぶり、3度目となるディズニーミュージカル『美女と野獣』京都公演が、11月12日に開幕。それに先駆けて28日、会場となる「京都劇場」(京都市下京区)で舞台仕込みが公開された。

ディズニーが演劇界に初進出した本作は、ダイナミックで華やかな舞台装置、数々のイリュージョンなど、同名アニメーションを忠実に再現した舞台セットが、見どころのひとつ。それらの舞台装置は、11トントラック54台分にもなり、約3週間かけて組み立てられるという。中でも「野獣の城」のセットは、幅11メートル、高さ7メートル、重さが10トンもあり、これらだけでトラック4〜5台分と相当な規模。

『美女と野獣』舞台仕込み取材会で解説する舞台監督の古城博之さん(28日、京都劇場)
『美女と野獣』舞台仕込み取材会で解説する舞台監督の古城博之さん(28日、京都劇場)

舞台監督の古城博之さんは、「ディズニーが初めて手掛けたミュージカルですので、アニメーション映画そのものの世界観が舞台上でも表現されています。これから本番にむけて照明や音響、転換のタイミングなどを調整しながら、舞台を作りこんでいきます」と意気込みを話した。チケットはS席10,800円ほか、各プレイガイドで発売中。公演は来年5月21日までで、3月以降のチケットは、11月19日から発売される。

ディズニーミュージカル『美女と野獣』

日程:2016年11月12日(日)〜2017年5月21日(日)
会場:京都劇場(JR京都駅ビル内)
料金:S席10,800円、A席8,640円、B席6,480円、C席3,240円、ほか
電話:06-4796-6600(劇団四季 関西オフィス)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本