時代劇ギャグ漫画の舞台、再演が開幕
2016.10.21 7:00

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気時代劇ギャグ漫画『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』。今春話題となった初舞台作品の再演が、10月20日に「ABCホール」(大阪市福島区)で開幕した。

上半身裸になってキャスト全員が踊る楽曲『筋肉ええじゃないか』
上半身裸になってキャスト全員が踊る楽曲『筋肉ええじゃないか』画像一覧

仲間りょう原作の時代劇ギャグ漫画で、江戸の武士道学校に通う主人公・磯部磯兵衛の、何とも自堕落な日常が浮世絵的な画風で描かれている同作。あまりにもとりとめのないシュールな展開、キャラクター個々の濃さ、数々の妄想シーン、細かなギャグの多さに開幕前から「実写化なんてできるのか?」という声が多かったが、そんな心配もよそに、再現度の高さとバカバカしいほどに陽気なステージで一躍話題に。春公演のあまりの反響ぶりに再演が決定し、サブタイトルを「高尾山地獄修業編」から「天晴版」と変更。内容とキャストをブラッシュアップした。

磯兵衛が春画を隠し読みしようとするも母上に邪魔される、原作で人気のシーンもこの再現度
磯兵衛が春画を隠し読みしようとするも母上に邪魔される、原作で人気のシーンもこの再現度画像一覧

天井からぶら下がって息子の春画(エロ本)を取り上げる母上や、マッチョになった我が身を妄想する磯兵衛の変わり身、杖をつきつつ今にも倒れそうな体勢の先生、切腹する団子屋の看板娘・・・など、原作ファンなら一度は目にしたシーンを舞台上でリアルに表現。衣裳や髪型はもちろん、顔の筋肉が柔らかすぎなのでは?と驚くほどの、キャスト全員の表情の豊かさと振り切った演技で、なんの違和感もなくあの漫画の世界が広がっている。一発ギャグをしたり、口から水を噴射したりと、体を張って常に全力で観客を楽しませようとする姿は、さすが笑いを追求する大阪出身の「劇団Patch」だ。

平賀源内や団子屋の看板娘、今回初登場のお犬様など個性的なキャラクターが揃う
平賀源内や団子屋の看板娘、今回初登場のお犬様など個性的なキャラクターが揃う画像一覧

再演で初登場する演目として行われるのが、終演後のミニライブ『ISO LIVE』。キャスト全員が歌って踊る『筋肉ええじゃないか』などの楽曲を披露するが、この時間は写真撮影が可能。また、舞台と客席を繋ぐ花道が新たに加えられ、キャストが間近にやってきて踊ってくれるので、ライブさながらに盛り上がれるよう、サイリウムを物販で手に入れることがおすすめだ。チケットは6,500円(親子シート10,500円)で、公演は25日まで。

初日の日替わりゲストには、新日本プロレスの棚橋弘至選手が登場
初日の日替わりゲストには、新日本プロレスの棚橋弘至選手が登場画像一覧

舞台『磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~ 天晴版』

原作:「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」仲間りょう(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出:末満健一
出演:井上拓哉、中山義紘、納谷健、村川勁剛、竹下健人、三好大貴、岩﨑真吾、吉本考志、鎮西寿々歌、川下大洋(Piper)、お〜い!久馬(ザ・プラン9)ほか

日程:2016年10月20日(木)〜25日(火)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)
料金:一般6,500円、天晴シート8,500円、親子シート10,500円 ※天晴シートは完売
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)
URL:http://www.isobe-stage.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ